プロが語る!買取価格の高いルビーの特徴とは!

モゴック産ルビー ルビー
出典:諏訪恭一 決定版 宝石 品質の見分け方と価値の判断のために

こんばんは。

不要な貴金属・宝石を売りたい!

今は金が高騰してるので少しでも高く売りたい!

だけどどこに売っていいかわからない・・・

そんなあなたの不安を取り除いて疑問を解決する【宝石買取大学】

宝飾品買取経験10年以上のプロ査定士・アイジーモノストーンです。

本日の記事は【プロが語る!買取価格の高いルビーの特徴とは!】です。

この記事を読むとルビーの買取価格・評価の高いルビーの見分け方がわかります。

買取価格の基本を知りたい方はコチラの記事をお読みください。

そもそも買取価格ってどうやって決まってるの?

ルビーの買取価格と評価基準

ルビーの具体的な買取価格

Sクラス Aクラス Bクラス Cクラス Dクラス
1.0ct ¥50,000 ¥30,000 ¥10,000 ¥3,000 ¥500
2.0ct ¥150,000 ¥80,000 ¥50,000 ¥10,000 ¥1,000
3.0ct ¥250,000 ¥150,000 ¥70,000 ¥10,000 ¥1,000
5.0ct ¥300,000 ¥180,000 ¥80,000 ¥15,000 ¥3,000
10.0ct ¥450,000 >¥300,000 ¥100,000 ¥20,000 ¥5,000

※上記の価格は参考価格です。

※鑑定書の有無・商品のデザイン・需要の関係・ブランドバリュー・買取店・査定士の判断と様々な要素の組み合わせにより大きく変動します。

上記価格は、ミャンマー(ビルマ)産ルビー(加熱)のガイ単価(1カラット当たりの単価)

無処理の非加熱(ノーヒート)の場合、上記金額の1.5倍アップ。

ミャンマー(ビルマ)産以外のルビーは上記金額の50%~70%ダウン。

オーバルカット以外のシェイプは上記金額の20%ダウン。

ルビーの評価方法

ルビーの買取価格は、以下の6要素の組み合わせで決定します。

・重さ(Carat)

・色(Color)

透明度(Clarity)

・テリ・輝き(Cut)

・処理の有無

・産地

カラーストーンの基本的な品質評価基準はコチラの記事をお読みください。

プロが語る!カラーストーンの品質評価基準!

評価の高いルビーとは

・無処理の非加熱(ノーヒート)

・ミャンマー(ビルマ)産・ピジョンブラッド

・タイ産・ビーフブラッド

一つづつ解説していきましょう。

非加熱(ノーヒート)ルビー

宝石の処理には、無処理・エンハンスメント・トリートメントの3種類があるのは学びましたね。

ルビーは加熱による、色・透明度・輝きを引き出すのはエンハンスメント処理とされています。

この処理が全く行われていないのが、非加熱(ノーヒート)ルビーと呼ばれて評価が非常に高いです。

無処理とエンハンスメントで同品質の場合で、価格に1.5倍の差が出ると言われています。

ただし価格に差が出るのは品質の良いAランク以上です。

非加熱のルビーは加熱したルビーと比べて薄く淡い色調のものが多いです。

それが加熱したルビーと一見しただけではわからないような濃くて美しい色調のルビーは非常に希少で高価です。

※鑑別書が無い限り、非加熱(ノーヒート)での評価をすることはありません。

ミャンマー(ビルマ)モゴック産ルビー

ミャンマーのモゴック鉱山で採掘されるルビーは、ピジョンブラッドと呼ばれる最高品質のルビーが産出されます。

ピジョンブラッドは、濃いめの赤色で最高の色とされています。

ミャンマー(ビルマ)モゴック産以外のルビーは、ミャンマー(ビルマ)モゴック産のルビーと比べて価格が50%~70%ダウンすると言われています。

タイ産ルビー

ピジョンブラッドに匹敵するビーフブラッドと呼ばれる高品質のルビーが産出されます。

タイ産ルビーは、色味に幅があるのが特徴。

・レッド。

・パープルがかったレッドパープル。

・かなりパープルの色味が強いレディッシュパープル。

ルビーが産出される有名な産地

以下が有名な産地です。

・モゴック産

・タイ産

・スリランカ産

淡めの色のものが多い。

・モンスー産

大粒のものは少なく、0.3ct~0.5ctに仕上がるものや小粒のものが多い。

・モザンビーク産

2008年に開発されたルビーの新たな産地です。

無処理の美しいルビーが多く算出されています。

※インクルージョンや色味の特徴で産地をある程度判別できますが、鑑別書が無い限り産地を特定することはありません。

ルビーのまとめ

・ルビーの査定評価は基本の4要素以外に、処理の有無・産地が超重要!

・非加熱(ノーヒート)・産地は鑑別書がないと判断しない。

・高額査定を望む場合は鑑別書の作成が必須!

コメント