プロが語る!買取価格の高いパライバトルマリンの特徴とは!

パライバトルマリン パライバトルマリン
出典:諏訪恭一 決定版 宝石 品質の見分け方と価値の判断のために

こんばんは。

不要な貴金属・宝石を売りたい!

今は金が高騰してるので少しでも高く売りたい!

だけどどこに売っていいかわからない・・・

そんなあなたの不安を取り除いて疑問を解決する【宝石買取大学】

宝飾品買取経験10年以上のプロ査定士・アイジーモノストーンです。

本日の記事は【プロが語る!買取価格の高いパライバトルマリンの特徴とは!】です。

この記事を読むとパライバトルマリンの買取価格・評価の高いパライバトルマリンの見分け方がわかります。

買取価格の基本を知りたい方はコチラの記事をお読みください。

そもそも買取価格ってどうやって決まってるの?

パライバトルマリンの買取価格と評価基準

パライバトルマリンの具体的な買取価格

Sクラス Aクラス Bクラス Cクラス Dクラス
0.3ct ¥150,000 ¥90,000 ¥50,000 ¥10,000 ¥1,000
0.5ct ¥300,000 ¥200,000 ¥100,000 >¥30,000 ¥5,000
0.7ct ¥700,000 ¥350,000 ¥150,000 ¥30,000 ¥5,000
1.0ct ¥1,500,000 ¥1,000,000 ¥200,000 ¥50,000 ¥5,000
>2.0ct ¥1,500,000 ¥1,000,000 ¥300,000 ¥70,000 ¥7,000
3.0ct ¥2,500,000 ¥1,500,000 ¥300,000 ¥150,000 ¥15,000
5.0ct ¥3,000,000 ¥2,000,000 ¥500,000 ¥150,000 >¥20,000

※上記の価格は参考価格です。

※鑑定書の有無・商品のデザイン・需要の関係・ブランドバリュー・買取店・査定士の判断と様々な要素の組み合わせにより大きく変動します。

上記価格は、ブラジル産パライバトルマリン(加熱)のガイ単価(1カラット当たりの単価)

ブラジル産以外のパライバトルマリンは上記金額の50%~70%ダウン。

パライバトルマリンの評価方法

パライバトルマリンの買取価格は、以下の6要素の組み合わせで決定します。

・重さ(Carat)

・色(Color)

透明度(Clarity)

・テリ・輝き(Cut)

・産地

・処理の有無

カラーストーンの基本的な品質評価基準はコチラの記事をお読みください。

プロが語る!カラーストーンの品質評価基準!

評価の高いパライバトルマリンとは

・ブルーが強く出てるカラー

・ブラジル産・パライバトルマリン

一つづつ解説していきましょう。

ブルーが強く出ているパライバトルマリン

パライバトルマリンは、黄緑、青緑、緑青、青、といった幅広いブルー系の色相が特徴です。

その中で評価の高い色相は、緑を感じないネオンブルー、日本ではよりブルーの濃い石です。

ブラジル産パライバトルマリン

パライバトルマリンは、ブラジルのパライバ州から産出されたことによりその名が付きました。

現在ではパライバ州から産出された石以外でも、一定量の銅を含むトルマリンがパライバトルマリンと呼ばれています。

1989年に本格的な産出が始まりましたが、それ以後ほとんど産出していないため、非常に希少性が高く幻の宝石と呼ばれております。

※鑑別書が無い限り、ブラジル産での評価をすることはありません。

パライバトルマリンのまとめ

・パライバトルマリンの査定評価は基本の4要素以外に、産地が超重要!

・産地は鑑別書がないと判断しない。

・高額査定を望む場合は鑑別書の作成が必須!

コメント